自分の体に合った健康食品を選んで使いましょう

栄養を補う方法は

たくさんの野菜

野菜不足と聞いて思い浮かぶのは野菜ジュースや青汁でしょう。栄養の偏りがちな一人暮らしではスープで野菜不足を解消するのもいいでしょう。青汁や野菜ジュースで手軽に野菜の栄養を補うこともできます。

もっと読む

ダイエットや美肌にはこれ

二つのドリンク

青汁は栄養満点です。そうと解っていてもなかなか苦い味は克服できません。青汁に入っている主な野菜はケールや大麦若葉、明日葉です。それぞれ栄養素が高いので気になる症状にあった飲み方をしてもいいでしょう。

もっと読む

栄養が何十倍もある

きのこ

シイタケ菌糸体はシイタケの根っこのようなものです。そこには生のシイタケの何十倍もの栄養素が詰まっています。免疫力を高めるのに必要な栄養素が多く、癌の抑制にも効果が期待されています。

もっと読む

使いすぎには注意

食材と錠剤

健康食品と言っても多くの商品があり、膝の痛みに聞くサプリや野菜不足を解消するサプリなど様々です。癌の予防に効果的な食品もあります。中でも1番身近なものは、青汁や野菜ジュースといった野菜から作られた商品でしょう。この商品は野菜が不足しがちな人に向いていて、苦いイメージがあった青汁も近年では飲みやすく改良されています。最近では、野菜ジュースもスムージの登場で幅が広がりました。野菜に関する健康食品は飲み物だけではありません。他にも青汁やサプリがあります。また、シイタケの根っこからなるシイタケ菌糸体は癌の抑制効果があるということでサプリメントになっています。また、野菜以外の成分ではコンドロイチンやコラーゲンの健康食品もあります。コンドロイチンは軟骨を作るのに必要な成分で膝や関節が痛む人に効果があります。コラーゲンも軟膏に必要な成分です。コラーゲンは肌にハリを与えるため美容に関する健康食品としても扱われています。コラーゲンの場合錠剤のサプリだけでなくゼリー状のものもあります。多くの栄養素や症状に合わせてサプリメントも多様化しているのです。健康でいるために、これらの健康食品を組み合わせて飲む人も居ますが、飲み合わせには注意しましょう。サプリメントは栄養を補う食品の一部ではありますが、薬と同じように飲み合わせを考えなくてはいけません。また、食品だからといって多く摂取するのもよくありません。こういった飲み方をすることで、他の病気になることもあるからです。健康食品は日常生活で足りていない栄養素を補うためのものなので、普段の食事で不足しがちなものだけに絞って、使い方に注意しながら取り入れましょう。